不動産査定をする前に宮城県について知っておこう

宮城県の不動産査定の方法として、直接不動産業者に依頼する、一括査定サイトを使うなどの方法があります。

ですが、宮城県は面積も広く、不動産業者に直接行くのが難しい地域もあります。

まずは、所有している不動産が宮城県のどの位置にあるか確認して賢く不動産査定を行いましょう。

※宮城県の路線価についてのニュース記事:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61027880R00C20A7L01000/(日本経済新聞)

【宮城県の地域について】

宮城県は大まかに7つの地域区分に分かれています。

・仙台都市圏 

宮城県の中央部にある仙台市を中心とした都市圏になります。

宮城県の経済の中心地であり、仙台市のベッドタウンである多賀城市や名取市なども含まれています。

・気仙沼・本吉圏 

北部の海沿いである気仙沼市と南三陸町で構成されています。

漁業が盛んであり、隣県の岩手県とひとつの地域圏を形成しています。

・登米圏 

北部の岩手県境に位置する登米市を中心とした地域です。

宮城県一の米所として農業が盛んです。

・栗原圏 

北西部に位置する栗原市を中心としています。

秋田県、岩手県の境であり山あいののどかな地域になります。

・石巻都市圏 

東部に位置する石巻市を中心とした地域です。

石巻市は宮城県第二の都市であり、漁業で有名な女川町などを含みます。

・大崎圏

仙台市の北部に位置し、内陸部分である大崎市を中心としています。

工場誘致が盛んでありロードサイド店舗も多数あり独自の商圏を形成しています。

・仙南圏 

宮城県の南側に位置する白石市を中心とした地域です。

有名な蔵王連峰がそびえており、観光や果樹・畜産・工業などさまざまな産業が盛んです。

Comments are disabled