不動産査定をして売却する場合の管理費と修繕積立金

分譲マンションに住んでいる人が、事情がありマンションを処分することになった場合まず行うのは不動産査定です。

いざ、不動産査定をしてもらって実際に売却という流れになった時、気になる事項として「管理費」や「修繕積立金」の問題があります。

もし本当に売却を検討しているなら不動産査定の際に確認しておく必要があります。

【管理費と修繕積立金とは】

マンションを買ったことのある人なら当然知っていますが、マンションの購入には月々の返済の他に管理費と修繕積立金を支払っています。

管理費は、マンション共用部の清掃や備品交換・設備点検など日常の物件管理に使われるお金です。

一方、修繕積立金は目的がマンションの修繕に充てられますが、それは数十年に一回の大規模修繕や、災害時に急遽修繕が必要となったときに使われます。

実際マンションを購入して数年の場合、大規模修繕に該当することなく物件を手放す人は多いですが、管理費や修繕積立金は返金されるのでしょうか?答えはNOです。

管理費や修繕積立金は管理組合の貴重な財源であり、売却のたびに精算されることはありません。

ですが、それらのお金を滞納したまま売却した場合、債務は買主が負うとされています。

しかし支払い義務がないわけではなく、後々買主から請求されることがほとんどです。

ちなみに、不動産査定を行う場合、当然管理費などは返却されませんのでそれらの金額は加味されていません。

もしローン残債が残っている場合は査定額から残債分を引いた価格が実際の売却額となります。

※関連ニュース:自宅を担保にマンションの修繕積立金を融資する制度とは?活用できるケースと問題点(ファイナンシャルフィールド) – Yahoo!ニュース

Comments are disabled