不動産査定ををしたいが、所有者が複数いる場合

現在持ち家に住んでいるが、さまざまな事情があり売却を検討しているので不動産査定をしたい。

もちろん不動産査定そのものを行うことは自由ですので問題はありませんが、実際に売却の流れとなった場合にネックとなるのが「所有者」です。

家と土地の名義が自分一人なら査定も手続きもスムーズですが、昔からの土地の場合は複数人が同じ不動産を所有しているケースが往々にしてあります。

この場合、どんな点に気をつければよいのでしょうか。

【共有名義の不動産】

ひとつの不動産を複数の人が所有しているケースとして、相続の際に兄弟で分けたり、贈与で親と子が分け合ったり、結婚を機に夫婦で共同名義となったりする場合がほとんどです。

たまに先祖代々の土地の場合は親戚数人であったり、既に亡くなっている人の場合もあります。

【共同名義の不動産査定】

共同名義の不動産を処分・売却するには必ず共有持分権者全員の同意が必要になるため勝手に売ることはできません。

査定は可能ですが、あくまでもその不動産に対する査定となるため持分などは加味されていません。

また、不動産査定そのものを行うだけで思わぬトラブルになりかねないため、出来るだけ許可を得てから行うことをお勧めします。

もし共同名義の不動産をどうしても売りたい、という場合自分の持ち分だけであれば売却は可能です。

同じ敷地内の両親名義の家はそのままで自分名義の持ち家だけ売る、といったことはできますが不動産査定は簡単にできない場合が多いので業者に直接相談の上詳しく査定してもらう必要があります。

Comments are disabled